FANDOM


釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様
監督 朝原雄三
脚本 山田洋次
関根俊夫
製作 松本輝起
製作総指揮 迫本淳一
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 信田かずお
撮影 近森眞史
編集 鈴木肇
配給 松竹
公開 2008年10月25日公開[[image:テンプレート:Country flag alias 日本|border|25x20px|テンプレート:Country alias 日本の旗]]
上映時間 110分
製作国 日本
言語 日本語
前作 釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束
次作 釣りバカ日誌20 ファイナル
キネマ旬報
  

釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』(つりバカにっしじゅうく ようこそすずきけんせつごいっこうさま)は、日本の映画作品。2008年10月25日公開(ロケ地の大分県内では2008年10月18日から先行公開)。映画『釣りバカ日誌シリーズ』第21作(レギュラーシリーズ第19作)。今作には、第1作から出演していた谷啓と、第3作から出演の加藤武が出演していない。また、三國連太郎の息子である佐藤浩市が、鈴木建設の総務部長役としてサプライズ出演している。

1997年の『釣りバカ日誌12』以降は毎年8月から9月に劇場公開されていたが、この作品は10月からの公開となっている。これは主演の西田敏行がNHK連続テレビ小説』に準主役として出演していたためで、ドラマ収録の合間を縫っての撮影であったことと、『釣りバカ』で定着した西田のイメージを崩さないため、ドラマの放送終了を待った上での公開となっている。

なお、第1作の『釣りバカ日誌』から『釣りバカ日誌6』までと、最終作の『釣りバカ日誌20 ファイナル』はお正月映画として12月の公開。 それ以降の『釣りバカ日誌スペシャル』(7月公開)から『釣りバカ日誌イレブン』(2月公開)までは、公開時期が一定ではない。

スタッフ 編集

  • 監督:朝原雄三
  • 製作総指揮:迫本淳一
  • 製作:松本輝起
  • プロデューサー:瀬島光雄、深澤宏
  • 原作:やまさき十三(作)、北見けんいち(画)(小学館ビッグコミックオリジナル」連載)
  • 脚本:山田洋次、関根俊夫
  • 撮影:近森眞史(JSC)
  • 美術:須江大輔
  • 音楽:信田かずお
  • 照明:土山正人 (JSL)
  • 録音:鈴木肇
  • 編集:石島一秀
  • スクリプター:宮下こずゑ
  • 音楽プロデューサー:小野寺重之 (音楽プロデューサー)|小野寺重之
  • 宣伝プロデューサー:飯田桂介
  • 助監督:石川勝己
  • 製作主任:村山大輔
  • 製作担当:岩田均

キャスト 編集

ロケ地 編集

  • ロケは2008年5月11日から大分県内各地で行われた。

外部リンク 編集

http://www.tsuribaka-movie.jp/

テンプレート:Movie-stub

en:Tsuribaka Nisshi 19: Yokoso! Suzuki Kensetsu Goikko Sama id:Tsuribaka Nisshi 19: Yokoso! Suzuki Kensetsu Goikko Sama

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki