FANDOM


釣りバカ日誌4
監督 栗山富夫
脚本 山田洋次
関根俊夫
堀本卓
製作 杉崎重美
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 佐藤勝
撮影 安田浩助
編集 鶴田益一
配給 松竹
公開 1991年12月23日[[image:テンプレート:Country flag alias 日本|border|25x20px|テンプレート:Country alias 日本の旗]]
上映時間 96分
製作国 日本
言語 日本語
前作 釣りバカ日誌3
次作 釣りバカ日誌5
キネマ旬報
  

釣りバカ日誌4(つりバカにっしフォー)は、日本の映画作品。1991年12月23日公開。釣りバカ日誌シリーズ第4作。同時上映は男はつらいよ 寅次郎の告白

スタッフ 編集

キャスト 編集

あらすじ編集

あい変わらず、夫婦円満な釣りバカサラリーマン、ハマちゃんこと浜崎伝助とみち子の悩みのタネは子宝に恵まれないこと。だが、ついにみち子さんがご懐妊を果たし、大喜びのハマちゃんだった。一方、釣り友達のスーさんこと鈴木一之助社長の目下の悩みのタネは、営業第三課に配属された甥・宇佐美和彦の覇気の無さだった。ところが、ハマちゃんの家を訪問した和彦は、持ち込まれる縁談をよそに、ハマちゃんの家で出会った釣り舟屋・八郎の妹・太田町子と恋に落ちてしまった。

和彦は反対する八郎と殴り合いのケンカの末、あろうことか二人で駆け落ちしてしまった。事態を円満に収めるためにハマちゃんの活躍が始まると思いきや、二人を見つけた漁村でこっそりと釣りを楽しもうと思っていたハマちゃんをスーさんは見越して先回りし、またもや釣り道楽の始まりである。

ロケ地編集

テンプレート:Movie-stub

en:Tsuribaka Nisshi 4 id:Tsuribaka Nisshi 4

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki